仮想通貨で億り人になるために大切なのは「売らないこと」

仮想通貨で億り人になるために大切なのは「売らないこと」

どうも。ビットコイン大家です。

億り人になるために絶対必要なことは「売らないこと」です。

f:id:btc_landlord:20180122234212j:plain

 

売ったらそれで終わり!億り人へのチャレンジは終了してしまう!

億り人になったパターンでよくあるのが、「100万円が1億円になった」とかいうパターン。いわゆる資産が100倍になったってやつです。そんな人の話をメディアで見るたびに「いつかは自分も」と思って仮想通貨の世界に足を踏み入れた人も多いのではないかと思います。

 

しかしながら、報道ではあたかも濡れ手に粟で儲かったかのように語られますが、億り人への道のりは簡単ではありません(なってない自分が言うのもなんですがw)。

 

※今回の話は5,000万円を2倍にして億り人になった人など、元々相応の元本があったパターンは除外しています。あくまでも100倍以上のリターンを達成し、少額の資本で億り人になるために必要な素養について書いていきます。

 

ちょっと価格が上がったぐらいで売ってしまっていては億り人にはなれません(はい、自分のことですw)。ひたすらホールドを続けられるかどうかが億り人になれるかどうかの別れ道になります。

 

元本が2倍~3倍になった時に利確の誘惑に耐えられますか? 

で、ここで読者の皆さんに聞きたいのですが、

 

あなたは元本の100万円が2倍の200万円になっても利確せずにホールドできますか?

大半の人は利確してしまうのではないでしょうか?

ここで利確してしまう人は、無難に2倍の収益を確保するという選択をしたので、この時点で億り人は無理です。(再投資して億り人を目指すこともできますが、売買回数の多さと利回りは反比例するものなので、ホールドした場合に比べて億り人になれる可能性は下がります)

 

で、「100万円の元本が200万円になってもホールドできる、と自信を持って言える」という人に再び聞きます。

 

ホールドをした結果、再び元本と同等の100万円まで価格が下落したとします。

ここでどんな気持ちになりますか?200万で売っとけばよかったと思いませんか?

もし元本割れをするぐらい下落した場合はどうでしょう。後悔しませんか?

そんな状態で再び価格が200万円になったらどうしますか?

今度こそ利確してしまいませんか?

 

ここでも確固たる意志でホールドを継続できたとしても、その後、3倍(300万円)4倍(400万円)と、上昇と下落を繰り返しながら、利確の誘惑は100倍になるまで延々と続きます。その誘惑に耐えられる人のみが億り人になれるのです。

 億り人への道は長く険しいのですw

 

【仮想通貨取引所紹介】

はじめて仮想通貨を買いたいという人はコインチェックがオススメです。
スマホで簡単に取引できてアルトコインの種類も豊富です。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 
NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で