草コインが昔なんて呼ばれていたか知っているか?

草コインが昔なんて呼ばれていたか知っているか?

どうも。ビットコイン大家です。

 

草コインが静かなブームになってますね。

※草コインとは現時点でほとんど価値の無い(時価総額の低い)マイナーな仮想通貨(アルトコイン)の事です。

ところで皆さんは草コインが昔はなんて呼ばれていたか知っていますか?

 

f:id:btc_landlord:20180105233413j:plain

 

草コインは何と呼ばれていたか?

草コインが元々なんて呼ばれていたかというと、

 

それは、、、

 

シットコインです。

 

直訳すると糞コインです。

 

今はもうシットコインって言う人はめっきり少なくなって、草コインって名前が完全に市民権を得ていますね。随分とキャッチーな名前になったものです。

 

名前が変わっても本質は変わらない

キャッチーな名前になったところで本質は変わりませんからね。今でも本質はシットコインなんですよ。つまり糞コインってことですよ。

で、最近その草コインを新興仮想通貨ブロガー達が煽り始め、よく分かってない初心者がイナゴよろしく煽られるままに草コインを買っているという現象を度々目にするようになりました。中には悪質なものもありますのでご注意を。

 

で、煽られるままに買う人がいるから価格が上がり⇒価格が上がった実績をよいことに次の草コインを煽り⇒また別の草コインの価格が暴騰する、という無限ループが発生しています。たちが悪いのは、解ってて乗ってる人もいるんですよね。儲かれば何でもありって感じで…

 

自分の頭で考えて投資をしよう

煽られるままに買っているのはどうかと思いますよ。

以前も書きましたが、自分の頭で考えなくなったらオシマイです。

自分が誰の養分になってるのかよーーーく考えてから投資した方がいいですよ。

 

あなたに草コインを買わせて儲けているのは誰ですか?

あなたが高値で掴んだ草コインをせせら笑いながら売っている奴がいるのを知ってますか?

人生一発逆転、資産100倍、億り人、自由億、なんて甘い言葉に乗せられてませんか?

 

たしかに草コインでワンチャン億れる可能性も十分にあります。宝くじを買うよりは遥かによい投資(投機)であるのも否定はしません。

 

ということで、自分の大事な資産を守れるのは自分だけです。よくよく考えて投資をしましょう。

 

【仮想通貨取引所紹介】

はじめて仮想通貨を買いたいという人はコインチェックがオススメです。
スマホで簡単に取引できてアルトコインの種類も豊富です。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 
NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で