2017年の仮想通貨・ビットコイン関連5大ニュース!

2017年の仮想通貨・ビットコイン関連5大ニュース!

どうも。フィスコソーシャルレポーターのビットコイン大家です。

今年もよろしくお願い致します。

2018年一発目の記事は2017年を振り返って2017年の仮想通貨・ビットコイン界隈の5大ニュースを独断と偏見で発表してみたいと思います。

f:id:btc_landlord:20180101171952j:plain

 

ビットコインキャッシュ(BCH)誕生!segwitロックイン!頻発するハードフォーク!

2017年は本当に色々あった年だったのですが、自分の中で一番はこれですね。2017年8月にビットコイン(BTC)がハードフォークしてビットコインキャッシュ(BCH)が爆誕しました。当初はBCHには懐疑的な見方が大半を占めていたと思いますが、現在では送金詰まりを起こしていて送金手数料が高騰しているBTCから基軸通貨としての地位を取り返す可能性もあると考えられるようになり、独自性を確立した立派な通貨になっています。

一方でビットコインも念願だったsegwitがロックインしました。さらにはハードフォークによる新コイン誕生ラッシュと続きましたね。

BCHの分裂にあたってはUASFとかUAHFとかsegwit2xとか非常に消耗もしましたが、日々めまぐるしく変わっていく状況にエキサイティングな日々を過ごすことができました。

 

ビットコイン(BTC)の価格が200万円突破!ビットコイン先物も上場!

2017年1月1日には11.5万円だったビットコイン(BTC)の価格は年末には160万円まで上昇しました。実に15.6倍です。12月中旬には最高値226万円を記録しました。同じく12月にはCBOEとCMEにビットコイン先物も上場しました。メディアでも連日ビットコイン関連のニュースが報道されるようになり、日本でも世界でもビットコインは完全にキャズムを越えました。

 

アルトコインも軒並み高騰!億り人が流行語に!

2017年は年初からアルトコインを中心に資金が流れ始め、3月〜5月にかけてアルトコインのバブルが起こりました。仮想通貨に投資をして資産が1億円以上になった「億り人」と呼ばれる人も誕生して流行語となりました。

さらに12月にも再びアルトコインに資金が流れ始め、年内2度目の価格の急騰が起こりました。主要なアルトコインの1年間の価格の上昇率はリップル(XRP)は約333倍、イーサリアム(ETH)は約88倍、ネム(XEM)は約261倍とライトコイン(LTC)は約48倍になりました。

 

仮想通貨の利益が雑所得に!

これは業界内にも激震が走りました。9月に国税のタックスアンサーが出て仮想通貨の取引で発生した利益が雑所得扱いとなることが確定しました。これにより最高税率55%が適用されることになりました。さらに衝撃的だったのが、アルトコイン同士の売買であっても課税対象になるということです。これにより今後の仮想通貨トレードの方針も大きく見直さないといけなくなった人も多いと思います。

 

仮想通貨の取引高の覇権が中国から日本へ!

1年前は仮想通貨の取引の大半は中国でしたが、今は仮想通貨の取引高のナンバーワンは日本です。中国は2017年に仮想通貨の取引を規制して取引量が大きく減少しました。

一方で日本は改正資金決済法の施行により仮想通貨取引所は「仮想通貨交換事業者」として金融庁への登録が義務付けられるようになりました。この法案の施行によって、今まで一般の人々がビットコインや仮想通貨に抱いていた”怪しい”というイメージが払拭された事は間違いないでしょう。それによって取引量も大きく増加しています。

 

 

2017年の仮想通貨業界は情報を追い切れないほど多くの出来事が起こりました。他にもICOブームとかとにかく色々ありましたよね。

2018年も変化の大きくエキサイティングな年になりそうな気がします。

 

【仮想通貨取引所紹介】

はじめて仮想通貨を買いたいという人はコインチェックがオススメです。
スマホで簡単に取引できてアルトコインの種類も豊富です。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 
NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で